家に居づらくて家出をした時の話

小中学生の女の子の家出理由

当時両親の喧嘩が絶えず、常に家の雰囲気がピリピリしていたのと、イライラしていた両親にやつ当たりのように理不尽に当たられることが多かったことで、居心地が悪いと感じていました。思春期だったので上手く交わすことができなかったので家にいるのが辛くなってしまい、家出しました。

 

仲が良かった一人暮らしの友人が私の家の事情を理解して「うちにおいで」と言ってくれたので、お言葉に甘えて家出中に一緒に住ませてもらっていました

 

小中学生の女の子の家出結果

携帯にメールや電話がたくさん来ました。最初は怒っている口調だったのですが、こちらが理由を書いてメールに返信したところ両親から謝罪の文章が送られてきました。友人の家にいつまでも居るわけにもいかないと思ったので、二週間ほどしたころに家に帰りました。